札幌で注文住宅を建てるならここで決まり!口コミで評判の高いハウスメーカーをおすすめ形式でご紹介します。

注文住宅で店舗併用住宅をつくる!建築する魅力と注意点は?

公開日:2022/01/15  最終更新日:2021/12/03


店舗併用住宅を作る時、決めなければならないことがたくさんあります。住居と店舗をどのように配置すると使いやすいのか、何階建てにするのかなど、快適な暮らしを左右する重要事項です。店舗併用住宅を作る時、どんな点に気をつければよいのでしょうか?店舗併用住宅の魅力と建築時の注意点について解説します。

店舗併用住宅ってどんな住宅?

店舗併用住宅とは、名前の通り「自宅に店舗を併設した建物」をさします。たとえば、1階がパン屋で2階が自宅、左側が自宅で右側がフォトスタジオなど、数多くの店舗併用住宅があります。昔から、美容室や小売店などでよくみられる形です。

最近ではおしゃれな店舗併用住宅も増えています。住宅街の中にある「隠れ家的なお店」もあるようです。また、自身で店を構えなくても、テナントスペースとして貸し出しができます。テナントが入居してくれれば、毎月家賃収入を得ることも可能です。

店舗併用住宅ならではのメリット

店舗併用住宅のメリットは大きく分けて2つあります。それぞれを具体的に紹介しましょう。

時間の節約

最大のメリットは、移動時間がかからずすぐに店舗に行けることです。とくに子育て中の人や、介護をしている人などは、職場にすぐに行くことができればとても便利でしょう。キャリアを中断することなく、仕事を続けることが可能です。また、トラブルにも迅速に対応できます。同居家族が急に体調を崩した時も、サポートしやすいです。

費用の節約

店舗併用住宅であれば店舗の家賃がかかりません。自宅と店舗の支払いを合算して行うことができるため、別々に支払うよりも負担が軽くて済みます。また、店舗の建物や設備の減価償却費を経費として計上することが可能です。時間とお金を有効活用して仕事をできるのが、店舗併用住宅といえます。

建築時の注意点は?

店舗併用住宅は、自宅のみを建てる場合と違う点がたくさんあります。店舗併用住宅を建てる時、どのようなことに注意すればよいのでしょうか?

土地選びに制限がある

建築基準法で「工業系」と指定されている地域には、店舗併用住宅を建てることができません。また、地域によっては、建築できる建物の高さに制限があります。自分の希望する店舗併用住宅を建てることが可能か、事前に確認しておきましょう。

仕事に有利な土地を選ぶ

住みやすい地域かつ、売り上げがとれる土地というのはとても貴重です。一般的には住み心地より、仕事に有利な土地を選ぶことになります。住むにはとてもよいけれど、お客様の来店は期待できないとなっては意味がありません。家族がいる場合、その点をよく話し合って店舗併用住宅を建てる場所を決める必要があります。

また、自宅と店舗のすみわけをどのようにするのかも相談しておきましょう。プライベートを確保しつつ店舗の機能を充実させるために、細部まで計画を立てておきます。たとえば、玄関は同じにする・1階が店舗で中2階が倉庫、2階を自宅にする・土地の左右でわけるなど、実際に住んでいることをイメージしながら具体的に決めるのがおすすめです。

住宅ローンを組む時に注意

住宅ローンを利用する人は、店舗の広さにも注意が必要です。金利が安い住宅ローンを利用するには、店舗の床面積を全体の1/2以下にする必要があります。

閉店後の活用方法がみつかりにくい

万が一閉店となった場合、店舗の場所をどう利用するかが問題になります。別の人に貸し出すのか、別の業態に変更するのか、なかなか決められない人も多いようです。貸し出す場合は、プライベートを守ることができるのかという問題も出てきます。「どんな事業も失敗する可能性がある」ということを、頭の片隅に置いておくとよいかもしれません。

仕事とプライベートが分けにくい

自宅と職場の距離が近すぎて、仕事とプライベートの切り替えが難しいというデメリットがあります。仕事が終わった後も、気になってつい作業をしてしまうかもしれません。試行錯誤しながら、自分のペースをつかむ必要があります。

 

店舗併用住宅の魅力は、時間の節約ができるという点です。仕事に行くための移動時間がかからず、急なトラブルや予定の変更にも素早く対応できます。また、自宅と店舗の家賃を別々に支払うより、負担が軽いことも大きなメリットです。店舗の建物や設備の減価償却費は、経費として計上できます。

一方で、仕事とプライベートの切り替えがしにくい・もし閉店した場合、その後の活用方法がみつかりにくいといったデメリットもあります。そして、店舗併用住宅が建てられない土地もあるため、土地選びには注意が必要です。場所だけでなく、自宅と店舗のレイアウトや床面積の割合についても、事前に計画しておきましょう。快適に住みつつ仕事も充実させるためには、具体的にイメージしながらプランを立てるのがおすすめです。

おすすめのハウスメーカー

イメージ
会社名クレバリーホーム環状通店・函館店
(株式会社カムズ・コンストラクション)
イワクラホーム土屋ホーム一条工務店ユニバーサルホーム
住宅のこだわりポイント将来の暮らしを見据えた高強度・高精度設計設計・生産・施工が一貫体制の建築システム接客力・品質力・購入後も安心なリフォーム・売却提案ダントツの住宅性能を目指しているハウスメーカー「地下熱システム」で家にまつわる悩みを解消
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧